2018年10月12日更新

パートナー探しなら婚活パーティーから!

生涯未婚率が上がってきてるというニュースが話題です。
結婚したくない人は個人の意思で結婚しないので問題はありませんが、結婚したいのに出来ない人の気持ちは察するに余りあります。
社会人になると出会いは少なくなります。
そんな時利用するのが婚活パーティーです。

婚活パーティーの様子婚活パーティーは男女ともに結婚に対して真剣に向き合う人が集まります。
それだけでも結婚に向けた話をしやすい雰囲気です。
パーティーも様々な種類がありますが、年齢層を分けて開催されている場合が多いので、自分と近い世代の人と出会えるのも便利な部分です。
身分証の提出義務がありますので、年齢を偽ることが出来ないので安心です。

パーティーのおおまかな流れは、男女ともに向かい合って入場時に付けられた番号順に着席します。
その時、事前にスタッフから手渡されたプロフィールに自己紹介を記入しておきます。
パーティー開始の合図と共に、まずは同じテーブルに座っている正面の異性とプロフィールを交換して、それを元に軽くお話しします。

自己紹介は出来る限り正直に全て書くようにしましょう。
向き合う異性は初対面の人です。
話のとっかかりはプロフィールしかありません。
自己紹介を何も書いていないと、話しのきっかけが無くなりますので、職業や年収は空欄でも構いませんが、おおまかな住まい、趣味や家族構成、休日(平日か土日か)等はお付き合いや結婚に直結しますので、必ず書きましょう。
プロフィール欄をたくさん書いている事で、未来のパートナーに対する誠実さが分かります。

全ての参加者とプロフィール交換をしながら1分から2分トークをします。
たくさんの参加者の中から、この時点でお気に入りの目星を付けますので、真剣にお話をし、真剣にお相手のお話を聞きましょう。
全員と話し終わればフリータイムです。
目星を付けたお相手にアプローチします。
ライバルが多い場合もありますが、何のしがらみも無いのが婚活パーティーです。
積極的にアプローチします。
この時に軽食やドリンクがサービスされる場合もありますので、お気に入りのお相手にドリンクを持っていくと近付く口実が出来ます。
フリータイムが終わると元の席に着席し、気に入ったお相手の番号をスタッフに伝え、マッチングすれば未来のパートナーをゲットです。

これが婚活パーティーの一般的な流れです。
パーティーの種類は年齢層で区切ったもの、職業で区切ったもの、地域で区切ったもの様々です。
参加価格もリーズナブルなものから比較的高額なものまで幅広いですので、ご自身の希望に合ったパーティーを見つけてください。

関連記事